「今日からJuneだって?」
2010-06-01 Tue 09:45
たけ

よく右と左を取り違えた。
間違えないまでも、どっちが右、どっちが左か一瞬迷った。
幼い頃だったと思うが、そんな記憶が残っている。

さすがに右と左の混同は、解消したようだ。
いつからか分からないが、迷わなくなった。

ところがこれと似た現象は時々起きる。

例えば花の名前などがある。どちらが正しいか、名称(ラベル)を惑うのである。

牡丹と椿
紅葉と銀杏
アジサイとツツジ

顔ははっきり認識しているのに、リチャード・ギアとハリソン・フォードの名前があやしく一致しなくなる。

40年以上も前の事になるが、受験で英単語を1万語以上記憶した(今は見る影もないが)。
ところがいまだに英語の月が言えない。
とっさにSeptemberといわれても、何月かこたえられない。

かえって専門用語のほうが意味から入るためだろうか、覚えやすい。
ところが単純にラベルを貼るような、意味のまったくないただの名称は覚えるのがつらい。
何度やっても覚えきれない。

こうした性癖は僕だけだろうか。

さすがにタケノコと竹を混同する事はない。
しかしそれはタケノコが竹に生長する、因果関係を理解しているからだ。
理屈抜きに覚えなければならない、
これが一番の苦痛で、取り違えは一種拒否反応なんだと思っている。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今回また、こけた | 三保小次郎日誌 | ぜいたくな気分>>
この記事のコメント
>とっさにSeptemberといわれても、何月かこたえられない。
 
 「セプテンバー・レイン」は「何月の雨」だったか、調べて、一緒に覚え込むことですね。「エープリル・フール」のように。
 
 こういう工夫が12個必要なんですよ。私も工夫が足りず、覚えきれてません。(笑)
2010-06-02 Wed 00:43 | URL | きとら #z8Ev11P6[ 内容変更]
真相
>こういう工夫が12個必要なんですよ。

手間ひまかけても報いが少ないので、
あきらめてしまったというのが、真相ですね。
2010-06-02 Wed 09:51 | URL | ミホジロー #aQXK3sK6[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |