スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
朝令暮改(ちょうれいぼかい)は権力闘争の傷あと
2011-07-15 Fri 00:05
朝令暮改を、国民は目の当たりにしています。
(朝出された命令が夕方には改められる意)

首相、会見で脱原発の方向打ち出す 具体策は示さず

首相の「脱原発」発言を修正 枝野氏「総理の希望

前日、菅首相は記者会見で「計画的、段階的に原発依存度を下げ、将来は原発がなくてもやっていける社会を実現していく」と表明したのに、
翌日には枝野房長官が「政府の統一見解というより、国民的な議論を進めていこうというのが今の政府の立場だ」と修正します。
すぐブレる、腰が入ってない、 節操がない、 その場しのぎの、 二転三転する 、 一貫性がない・・・。

言いたいことを言えばいいのです。
批判はあるにしても、おかしいと思いませんか。
なぜこの国の最高権力者が朝令暮改をくりかえすのか。

「資質の問題?」

菅直人も政治経歴三十年をこえいます。
昨日言ったことを、翌日訂正するほど信を失う行為はないと分かっています。
それでも、「後退」「修正」を入れなければ政権が維持できなくなっていると見るべきでしょう。

一晩でひっくり返る。
ひっくり返される。
その背後にすさまじい権力闘争が見てとれます。


原発担当相「再稼働認めるべき」 テストで安全性確保後

3.11、政治家はいっせいに反原発へすり寄りました。
しかし4ヶ月過ぎ、地元の有力者から圧力がかかってきます。
地域のボス企業である10の電力会社に連なる有力企業から圧力がかかっています。

電力会社の強みは地域独占であることです。
その結果、競争原理は働きません。
けっして損のでない価格(電力料金)が彼らのパワーの源です。

独占体の息の根を止めない限り、この国の原発も政治も浄化されないのです。

菅首相、脱原発解散を否定 「一切考えていない」

解散権にかかわることはウソが許されています。
菅首相はだまし討ちの解散を打てばいいのです。
総選挙を菅総理が断行すれば、原発問題に対する議員一人ひとりの立場があぶり出されます。


反原発解散まで菅総理が政治的にも精神的にも持ちこたえることを願っています。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ながらウォーキング | 三保小次郎日誌 | 最後のPC派>>
この記事のコメント
同感です
朝刊を読んで、夕刊を見て「吃驚仰天!」。三保さまが言われるようにすさまじい闘いがあるようですね。朝日夕刊は<脱原発「遠い将来の希望」>と打っています。呆れてしまいました。もちろん、枝野(その他)にです。
原発立地の首長、周辺の市町村の首長が「脱」「卒」「減」原発と言っていますが、私には納得できないのです。
原発の安全性は福島のカタストロフィーで完膚なきまでに崩壊したはずです。脱、卒、減と言っている間に第2の「フクシマ」が襲来したら、それらの人間はどのように言い訳するのでしょう。
「責任」などは取れるわけはありません。
≪自分の肩から取り下ろして、神なり運命なり廻り合わせなり、あるいは隣人なりの肩へ容易に移すことのできる重荷。≫と考えているのでしょうか。
三保さまが言われる通り<脱原発解散>まで、菅は生き永らえてほしいですね。
藤井拝
2011-07-14 Thu 21:27 | URL | 藤井勇市 #-[ 内容変更]
藤井さんの言うように、「脱」「卒」「減」は、原発の必要性をおおい隠すための目くらましです。
原発の廃止とは実は相いれない。

経済界の巻き返しは凄まじ。
「脱」「卒」「減」と言葉をにごらしはじめた、政治家の姿勢をしっかり監視していく。
同時に、こうした連中を一掃する、「一掃解散」がなければ、再び原発立国に引き戻されるでしょう。

菅の発表に感動したのが、社民党党首だけだったことは、政界の危うい行方を占うのに充分なリアクションでした。
2011-07-15 Fri 07:13 | URL | 三保小次郎 #aQXK3sK6[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。