萬岳楼(ばんがくろう)
2011-07-09 Sat 14:34
クライアントからあさって箱根仙石原へ行くが、同行しないかという。
急な話だが、断る理由がない。
で、昨夜は萬岳楼(ばんがくろう)へ泊まった。

やることがない。

湯につかる。
飲む。
食べる。

1
2

白濁した源泉掛け流しの部屋風呂から、黒塀に囲われた内テラスにヒメシャラ (姫沙羅)の花がふってくる光景。
「朝はつもって興がないから、今夜のうちだね・・・」
ブナとヒメシャラの原生林は蒸す。

クーラは入れない。風。

3

4

5

料理長山之内尚の創作懐石料理をたんのうした。
アスパラかに和え、トマト羹、夏野菜の焚き合わせ冷製煮物。
アイナメ葛打ち、和牛と冬瓜のステーキ。

出迎えたくれたのは御歳17の老犬。フロントらしきテーブルがあるだけの愛想なし。

仲居さん。
「板場の人たちは休みもとらないで夢中になって仕込みしてます。」
愛想はいらない。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<菅のしがみつきに便乗し反原発を助長しよう | 三保小次郎日誌 | 子供たちの被曝とそれを阻止するガバナンス>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |