FC2ブログ
 
「津波に対して原子力発電所は大丈夫ですか?」
2011-03-16 Wed 08:00
「想定外でした」
「想定外ということですよ」
「想定外なんですから」

学者、専門家といわれる人たちの口から、自分たちには責任がないといいたげに、その言葉が吐き出される。

何がいいたいのか、僕には分からない。

東電の原子炉エンジニアは、何を根拠として、どう想定していたのか。
それが検証されないまま、想定外だから仕方が無かった、といいたげだ。
僕にはだたの逃げ口上にしか聞こえない。

「想定外」と聞くたびに、いらだつ。
怒りが込み上げてくる。

東京電力のホームページは、「Q.津波に対して発電所は大丈夫ですか?」の質問に対し、次の通り答えている。

 原子力発電所の津波評価においては、「安全設計審査指針」,「原子力発電所の津波評価技術(土木学会)」の考えに基づき、敷地周辺で過去に発生した津波はもとより、過去最大の津波を上回る、地震学的に想定される最大級の津波を数値シミュレーション解析により評価し、重要施設の安全性を確認しています。
 具体的には、数値シミュレーション解析により求まった津波の最高水位に満潮時の水位を加えた水位においても、重要な施設の運転に支障のないこと、また、津波の最低水位から干潮時の水位を差し引いた水位においても原子炉の冷却に支障のないことを確認しています。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 事実データ&思考 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今や、国民を守らなければならない政府が当てにならない | 三保小次郎日誌 | 「津波の土地を捨て高地をめざせ」ー大津波の言い伝えー>>
この記事のコメント
恐れていたこと
初めまして。
津波と原発については、小学生の時に読んだ広瀬隆さんの本が参考になりました。
大きな地震があるたびに原発は?津波は?と親にひっきりなしに聞いてたので「何言ってんの」と言われました。
スマトラ島の大津波の時、津波の恐ろしさは解ったのですが、日本でまさかこのような大地震が起こり津波が街を飲み込み、原発まで破壊するとは思ってもみませんでした。
原発は人災に変わってしまいましたが。
今、広瀬さんの本に書いてあったことが本当になって原発の怖さ、放射能の怖さを身に沁みて感じています。
幸い私の住んでいる場所は、茨城の内陸部で津波もなく原発からも離れていますが、農家をしている人たちにとっては死活問題になりつつあります。
今年は、米を作れるか大丈夫なのか?と家族で心配しています。
この三週間で雨が何回か降りました。
土壌汚染は避けられないでしょう。
地下水の汚染が始まるのも時間の問題でしょう。
残念です。
もっと早く首相が廃炉を決断していたらと考えると悲しくて悔しくなります。

歴史にIFという言葉はないのですがそう思ってしまいます。
2011-04-03 Sun 17:48 | URL | アビ #VVM1Rzy.[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |