3Dシステム、その1ーTSメモ19ー
2011-01-09 Sun 15:21
何をおいてもトレーディングに必要なツールは3Dシステムだ。

トレーダーは3Dシステムを使いこなせなければ、濃霧の上空を計器なしで操縦するパイロットのように絶望的だ。

3Dすなわちスリー・ディメンション(three dimensions)とは、三次元のことだ。
トレーディング手法の3Dといえば、 アレキサンダー・エルダーが提唱した「3段階スクリーン・トレーディング・システム」が有名である。(『投資苑 心理・戦略・資金管理』パンローリング)
エルダー独特のテクニカルな手法であるから、「不純」な所を取り除き、要点を抜き書きしてみよう。

ポイントはこうだ。
(同書P.397)
“テクニカル分析における、もうひとつのジレンマに、チャートにどの時間サイクルを利用するかによって、同時点においてもトレンドが上向きであったり、下向きであったりすることが起こり得ることです。(中略)このようにトレーダーは、異なるサイクルにおける相反するシグナルと取り組むことを不可避的に迫られるのです。”
彼は同書36節「時間」を引用してさらにこうも述べている。
“3段階スクリーン・トレーディング・システムは、「任意の時間サイクルはそれより長期、または短期の隣接する時間サイクルに対して、5という数字を係数として連関している」という考え方に立脚しています。”

日足チャートでトレーディングするトレーダーは、その上の週足もその下の5分足も点検する。
それらは「異次元」だからだ。
3Dで見ないと、マーケットがどこへ向かおうとしているか、確定的できないのである。

異なる時間サイクルにそれぞれが発する別々のサインを総合できなければ、パイロットは自分の操縦する飛行機を安全に飛ばすことはできない。


投資苑 - 心理・戦略・資金管理投資苑 - 心理・戦略・資金管理
(2000/08)
アレキサンダー エルダー、福井  強 他

商品詳細を見る

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<3Dシステム、その2ーTSメモ20ー | 三保小次郎日誌 | トレーディングとトレーニング>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
勝率について
FXで稼ぐには …
2011-01-11 Tue 15:41 FXで日給8万円
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |