エッジ思考は人間性に反することーTSメモ18ー
2011-01-06 Thu 08:54
トレーディングで中枢になる思考法は、エッジ(統計的優位性)を効かせることです。
エッジ(統計的優位性)にもとづいて思考し、行動することです。
しかし、エッジに基づいたトレーディングはしばしば感情によってさまたげられます。

トレーディングのプロセスのどこかで、感情が優位に立つ場面がきます。

トレーダーは恐怖と歓喜のジェットコースターに乗り込んでいるのです。

トレーディングがうまくいかないのは、それがつくづく人間性に反した思考法だからです。
エッジ(統計的優位性)に従えないのです。

宝くじを買い、ロトにはまるのは、確率的思考とはまったく正反対の思考の産物です。

勝っても負けてもその方が気持ちがいい。

僕らは最後の最後で感情にしたがい、敗れるのです。

そしてその後どうするか?
小池龍之介さんの『考えない練習』を教本に、練習でもしましょう。
「はじめに」には、こう書かれています。

“頭でわかったつもりになるのではなく、実際に止めてみようと練習することによって、初めて思考を調教することも叶うのです。本書で提案するその調教法とは、五感を研ぎ澄ませて実感を強めることにより、思考というヴァーチャルなものを乗り越える手だてです。”

ただし、トレーディングがうまくなるかは保証のかぎりではありません。

[目次]
第1章 思考という病―考えることで、人は「無知」になる
第2章 身体と心の操り方―イライラや不安をなくす練習(話す聞く見る書く読む食べる捨てる触れる育てる)
第3章 対談(池谷裕二×小池龍之介)―僧侶が脳研究者に聞いた「脳と心の不思議な関係」
「身体と心の操り方」早見表


考えない練習考えない練習
(2010/02/09)
小池 龍之介

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<トレーディングとトレーニング | 三保小次郎日誌 | エッジ(edge)ということーTSメモ17ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |