トレーディング・システム開発設計プログラムーTSメモ7ー
2010-12-15 Wed 13:44
2
*クリックで拡大します

トレーディング・システムの開発設計のプロセスを掲載しているが、全体像は上表のプログラムのとおりだ。
最終成果物は「トレーディングの全過程を一貫管理できるトレーディング・システムを開発設計する」ことだ。
三つの中間成果物を考えている。

1.トレーディング関連の既読本を読返しトレーディングの概念をつかむ。
2.トレーディングシステムをおおまかに仮設計する
3.トレーディングの全過程を一貫管理するために、管理用帳票をExcelで設計し実用化する

分かっているつもりになっているが、実際にトレードにおいてあれこれと迷い、混濁するのはなぜだろう。

トレーディングの概念をつかみ、理解した内容に磨きをかける作業は真っ先に取り組んでいる。
「トレーディングの概念」を頭のなかで完ぺきに動かすことができなければ実践には役に立たないからだ。
使いこなすせるまで概念を叩きむ、再教育の機会だと思っている。

書庫に積み上げていたトレーディング関連の本から40冊を選り分けた。
Excelでリストをつくった。
総ページ数は、15,012ページだ。

15冊に絞り込んだ。
5冊が基本書、10冊が参考書という位置づけだ。
それでも、そのすべてを読返す余裕はない。次の作業に変えた。

・棒線箇所の読みかえし
・付箋による採取文[実質要点情報の把握]
・統合文[最重要要約情報のまとめ]

実質要点情報を中心にくり返し読み込み、A4一枚に最重要要約情報のまとめ作業を続けている。

*クリックで拡大します
1

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<付箋法によるトレーディング学習ーTSメモ8ー | 三保小次郎日誌 | トレーディング・システムのもっとも弱い環ーTSメモ6ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |