醜悪なりセロン
2010-10-27 Wed 08:17
小沢のこと書かなくなった?

「なぜ?」

そういわれても書くのがイヤになったのだから書かない、書かなかった。

少し変わっているとか、生意気だとか、自分たちとちょっと違うとかさ。
たぶん不正しているよってうわさを流されたらもうおしまいで。
袋だたき。

このまま書き続けているとこの国が嫌いになりそうだったね。

少しの違いも許容しない。
シャイな男を傲慢だとゆるさない。
不正が決まったわけでもないのに排除する。

書きつづけていれば、いずれ偏狭な所に追い込まれていきそうだ。

しいていえばその相手は潔癖(けっぺき)性という病いかな。

セーターに見つかったシミ、
少し傷のついた車、
外出先、どこまでも白いトイレ便座のはずなのに・・・

すぐクリーニングしないと気がすまないし、
回りの方が気にして直すまでこだわるし、
便座クリーナーはいつもバッグに入れている・・・

小沢が政治的に汚れていると感じた。
潔癖性が働く。
生理的に排除する。

そんなメカニズムが働いているように思う。

生理的に嫌いな相手を擁護するだから、書き手も一蓮托生さ。
対峙しているのは小沢にからまる日本国人民の嫌らしさだよね。
それと関わっていると消耗する。

生理なんだから結論は短絡的で、
錦の御旗を押し立てて死ぬまで容赦なく叩くし、
絶対永久不滅に小沢は悪で、
抹殺しなければカタストロフィーは来ないってわけだ。

「成功するためには自分の頭で考えなければならない。」

これが第一ルールだ。
政治の?
いや、マーケット(株、債券、為替、商品)に挑むトレーダーの誇りの話さ。

自分が損するか、もうけるか。こっちの方がよっぽど清々しい。

エッ、もうけすぎたら汚いっていわれる?
そりゃ心配ないね。
へたくそだからね。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<老化、劣化、しかし古色 | 三保小次郎日誌 | 男は理屈、女は成果ー40歳から筋肉を鍛えてー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |