FC2ブログ
 
安倍が菅に代わっても、この国はだだ廃っていくだけだ
2020-09-14 Mon 17:06
 日本が年年歳歳廃っていくのが分からない。
 受け入れない。
 昨年1人当たり名目GDPが世界第26位で今年はどこまで下がるだろう。
 
 安倍政権最後の通信簿は高得点だそうだ。

 JNN(TBS系)が9月5、6日に実施した定期調査によると、安倍政権の支持率が安倍内閣の支持率は「非常に支持できる」(10.7%)と「ある程度支持できる」(51.7%)の合計で62.4%となった。
 まだ大国だと錯覚している。
 安倍政権は何もできなかった。

 唯一の成果は有効求人倍率が向上したことと、失業率が減ったことだ。
 しかし、これはアベノミクスの成果ではない。
「少子」高齢化で説明できてしまう。

「少子」すなわち総人口に対する生産年齢人口(15〜64歳)が激減したことで簡単に分かることだ。
 1995年生産年齢人口8,716万人のピークから、2020年7,405万人へと、1,311万人減った。
 人口比率で、1995年の69.8%から、2020年には59.1%に激減している。

 社会の中心的働き手が一千三百万人減った。

「一億総活躍社会」で女性労働力、老齢者労働者まで動員したが、生きのいい労働力が減ったのだから、生産性は一向に上がらなかった。

 なぜ現実を認めないのだろう。
 この国が廃っていることをはっきり見ればいい。
 そこからしか政策も、理念も語れやしない。

 安倍政権が、菅に代わっても、嘘を付きつづけていくのだから、この国が変わるはずもない。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<臨時テロップで就任大臣をフラッシュバック、1日当たりコロナ新感染者30万人は黙殺 | 三保小次郎日誌 | 一票も行使できない100万自民党員、腐った民主主義>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |