FC2ブログ
 
十代と七十代、ITリテラシーのギャップは埋まらないの?
2020-05-29 Fri 10:57
 ミレニアル世代の後継をZ世代と言うらしい。
 物心ついた頃にはパソコンも、スマートフォンも、SNSも普及していて、ITリテラシーが他の世代より格段に高い世代とされる。
 我々七十代、団塊世代でパソコンをいじっている人は極めて少ない。

「パソコンも、スマートフォンも、SNSも」ない時代に誕生したからだ。

 しかし、幸運に恵まれれば、そうした恩恵を取り残すことはない。

 初めてパソコンを手にしたのは昭和の時代だ。
 たぶん39か、40歳の頃。
 CADを動かすために購入したのが、PC-98XL2、だった。

 価格は100万円をわずかに切った数字であったことを覚えている。

 高かった !!!

 98[キュウハチ]では物足らず、CAD以外ではもっぱらMacintosh SEで遊んだ。
 わずかな負荷で爆弾マークが出て、フリーズしてしまう。
 そんなやわなマックが可愛くてたまらない。

 記録媒体はフロッピーディスク、256KBいや128だったか。

 パソコンを設計で使うことに抵抗はなかった。
 個人的な経験がモノを言って、敷居が低かったからだ。
 CADは、分厚いマニュアル本を読み込み、A4二枚にまとめ、操作法要覧を作った。
 
 二週間ほどで自己流の使い方だが、どうにか図面をものにすることができた。

 コンピュータと出会ったのは、たまたま、しかし幸運であったであったと思う。
 一生の宝だから。

 二十代前半の頃、労組の合理化対策を担当することになった。
 当時IBM機を使っていたが、富士通のマシーンへの変更が提案された。
 ところがコンピュータのことなど皆目わからない。

 文系の弱点を突かれ冷や汗ものであった。
 仕方なく、コンピュータ問題研究会を立ち上げたのがすべての始まりとなった。
 まずは岩波新書の坂井利之『電子計算機 コンピュータ時代と人間』をテキストに、一からお勉強。

 これからの経済社会を動かす原動力であると、さすがに直感したものである。

 文系出身者が理系の仕事をするために転身したのは、コンピュータとの出会いが大きいと思う。
 コンピュータを駆使する仕事をしてみたかった。
 動機はそんなところである。

 SNSは最小限しか使わない。
 スマホに実権を握られないよう警戒している。
 時代が世代を画すのは否めない。

 アプリconceptsを使うため求めたiPadはまだ使い切れていない。
 いずれ使いこなしたいと思うが、新しいものへの挑戦には年々困難を感じるようになった。
 しかしこれは老化であって、弱者世代の問題ではない。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<新型コロナ感染症は資本主義の根幹(本質)を突く | 三保小次郎日誌 | 在宅は一時の夢、テレワークはオフィスの人減らしを促がす>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |