FC2ブログ
 
出戻り息子と家族会議
2019-11-07 Thu 09:51
 息子が戻ってきた。
 出戻りである。
 家庭の事情はそれぞれだから、理由はカットする。

「夫婦二人の生活は寂しいはずだから、良かったね」とはいかない。

 それそれが生活(実態)と生活パターンを持っている。
 別個の原理や動力で動いている。
 勝手気ままに生きている部分がいつの間にか膨らんでいるのだ。

 夫と妻、親子という関係性は通奏低音かも知れないが、普段は静音で波風は立たない。
 しかし個は違う。
 干渉されたくない個がそれぞれに出来上がっている。

 そうした主張も持っている。

 で生活空間を共有しているのだから、当然に干渉が発生する。

 ただし、この干渉の意味は少し違う。 
「他人のことに立ち入り、自分の意思に従わせようとする。」とはまったく異なる。
 むしろ、「物理学における波の干渉とは、複数の波の重ね合わせによって新しい波形ができることである。」に近い。

 つまり我々三人は家族というチームである。

 最高のチームであるにはどういう手を打ったら良いか、と考える。
 
 30分かそこらだが、何事かあると家族会議を開くことにした。
 先日のテーマは「家の外装工事の見積を検討する」だった。
 七十代の我々はこの家に住んでも目一杯で15年を超えることはなさそうだ。

 そのあと息子が住むのか、売っぱらうのか。
 メンテナンス費用が二百万をこえていたから、長期の在り方にも触れることになった。
 もちろん結論や決意といったものに到達はしなかった。

 けれどチームとして問題意識は共有することはできたようだ。

 チームとしては上々の成果である。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<心の人間ドックは何故ないの? | 三保小次郎日誌 | ザッカーバーグに鉄槌、国家主権に抵触するリブラ拒絶>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |