FC2ブログ
 
タワマン電源喪失、原発事故と酷似
2019-10-16 Wed 09:48
 台風19号の被害の一つとして、武蔵小杉(神奈川県川崎市中原区)にあるタワーマンションの電源喪失事故が発生している。
 地下3階に設置されていた電源装置が水没したためだ。

 なぜマンションの電気設備、給水ポンプは地下にあるのか。
 その答えは、2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震を思い起こせば、おのずと解かれていくだろう。

 この日、福島第一原子力発電所が全電源喪失(ステーション・ブラックアウト)に陥った。
 津波が発電所を襲い、地下に設置されていた非常用ディーゼル発電機が海水に浸かって機能喪失、順次多数の設備が損傷し、または流出し全電源喪失にいたる。 
 1・2・4号機全電源喪失、3・5号機全交流電源喪失、これによって非常用炉心冷却装置 (ECCS) や冷却水循環系のポンプを動かせなくなった。
 
 同時刻頃、東北電力・女川原発(宮城県)も津波に襲われる。
 しかし、事故は発生していない。
 発電所が海面から高さ14.8メートルの場所に設置されていたからだ。
 
 福島第一原子力発電所は高台にあった敷地をわざわざ海抜10メートルまで掘り下げて建設していた。
 原発は水辺の近くに建設される。
 多量に使用する冷却水の確保のためだ。
 
 ランニングコストは低地であればあるほど安上がりになる。

 マンションにおいては地上階は売り物で、地下は売り物にはならない。
 
 安全はコスト、利益に劣るのである。
 企業論理・倫理が改まらない限り、同類の事故はこれからも起こるだろう。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<事前対策は千分の一のコストで被害を防ぐ | 三保小次郎日誌 | 洪水を受け入れ恵みを受け取る知恵ー土屋信行氏の提言>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |