FC2ブログ
 
老後生活の必需品、手帳が二冊
2019-10-04 Fri 09:39
 手帳は二冊である。
 
 老人が二冊手帳を持ってどうするの???
 自分でもそう思う。
 なにせ仕事がない、付き合いも良い方ではない、社会貢献する行動力もない。
 
 そもそもスケジューリングする必要がなさそうに見える。
 他人がそう思う以上にそう自覚していた。
 
 一冊は人生管理手帳だ。
 もっぱら予定を作る、予定を入れることを意識した手帳だ。
 予定を作って、入れてしまうのである。

 おおよその生活は、Timetableを作ってみるとはっきりする。
 全てが自分の時間だ。
 誰にも制約されない。
 
 会社から、地域から、家族から・・・なんの期待もされていない。
 
 このemptyを救うのは自分自身しかない、そう自覚しないといけなかった。

 九割方リタイヤーしたのが49歳の頃だったから、「老後」生活は20年を超えた。
 放っておけば腐ってしまうのが老後生活である。 

 毎年人生管理手帳を作り込むのは楽しい作業だ。

 行動指針リストを貼り付ける。
 ・考 動 訓
 ・始動訓[日日の型]
 ・プロフェッショナルの条件
 ・戦略的意思決定
 
 次いで、2020年版の目標リストを貼りける。
  ⇄2020年目標[転源表]
  ⇄四半期五大リスト
 さらにパソコン日記で検討し、手帳で週間と日日のスケジューリングをする。
  ⇄週間デザイン
  ⇄To-Doリスト
  
 さてさて、ここからが本番だ。 
 生きたスケジューリングをしないと、生きている甲斐がなくなる。

 ある一定期間で何をすべきか。
  ① 何をやらなければならないか?
  ② それはいつやるべきか?
  ③ 誰がやるべきか?
  ④ どこでやるべきか?
  ⑤ それの優先度は?
  ⑥ 時間はどれだけ必要か?
  
 さて人生管理手帳とは別にデータ管理手帳を作成するようになった。
 時代相〈短歴史〉を意識化するため、メディアで感心した図表を縮尺し、時系列で手帳に貼り込む。
 作業だけでも楽しいものである。

タイムテーブル

手帳の写像

関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<十四億共産党一党独裁国家が0.5%を圧殺する | 三保小次郎日誌 | 120トンの重圧>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |