FC2ブログ
 
ドローンを飛ばせば15号の被害状況は一気に把握できたはず
2019-09-19 Thu 13:21
 台風15号による被害が甚大だ。
 千葉県内にとどまらない。
 横浜市金沢区、伊豆七島・・・。

 被害の現状が日に日に「拡大」している。
 「拡大」しているという表現は適切ではないだろう。
 把握できなかった。
 
 報道されてこなかった。
 
 市町村から被害状況が上がってこないから、「員数」が把握できなかった・・・と言い訳が流されている。
 
 とにかく市町村・県の行政、マスメディア、政権の動きが鈍いと感じているのは私だけだろうか。
 
 この政権には言葉(大言壮語)と成果(実行力)との間のかい離が著しい。
 安倍内閣の一丁目一番地が、拉致問題の解決であった。
 安倍内閣が再起して七年になるが、何にをやったか皆目伝わってこない。

 手つかずのままのようだ。
 
 アベノミクスは一割に満たない株所有者を潤しただけで、成果らしい成果は挙げていない。

 安倍政権がキャッチフレーズで作り出した空虚が、日本国に誤った期待(空洞)を作り出している。
 
 市町村・県の行政機関自体が被害者である大規模災害時に、出番は国でなければならないだろう。
 市町村から被害状況が上がってこないなら、ドローンを飛ばしていち早く被害状況を把握できたはずだ。
 しかし動こうとしない。
 
 ドローンの活用さえ考えていない、全くできていない後進国家に成り下がった。
 
 今や、この国の空洞は安倍政権そのものにある。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<老人はテレビを捨て、書に戻ろう | 三保小次郎日誌 | 三十年変われなかった日本は本格的衰退へ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |