FC2ブログ
 
消費税をぶっ壊せば社会が変わる
2019-07-19 Fri 14:10
 参院選の帰趨は決しているようです。
 
 選挙の楽しみ、結果に対する期待は全く失せています。
 なんの変化も起きないのでしょう。
 選択肢を失った民主主義の帰結は、「独裁」です。
 
 今以上に安倍独裁の眼に余る暴政が吹き荒れることでしょう。
 
 この選挙で私が注視しているのは、山本太郎だけです。
 
 消費税を破棄しなければ何も変わらない。
 消費税を絶対的に否定する。
 これを殺さない限り、この社会は変わらないし、新しく生まれ変わることはできない。
 
 ラディカルです。
 
 消費税で大衆から収奪した税金は、法人3税の減税に振り分けられた。
 これを大衆に取り戻す。
 この一点で既成の与野党は吹っ飛びます。
 
「消費増税を容認する人たちと、消費増税凍結を訴える人たちの未来デザインはほぼ一緒。消費税廃止を掲げる僕たちとは描く将来像が全く違う。
 凍結では、いずれ解凍されて増税に向かってしまう。消費税という大きな基幹税制を残し続けるということ。逆進性が強かろうが、中小企業の首が絞まろうが、消費税を大企業の補填に使い続けていくということ。違いは時期だけで、消費増税も増税凍結も大きく変わりません。」
(出典=日刊ゲンダイ2019/07/18「れいわ新選組・山本太郎氏「世の中変わるなら捨て石上等」)
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<改元「令和」が呼び込む悪鬼・凄惨事件 | 三保小次郎日誌 | 資産としての持ち家処分法、二世帯住宅再生顛末記2>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |