FC2ブログ
 
資産としての持ち家処分法、二世帯住宅再生顛末記2
2019-07-18 Thu 09:43
 二世帯住宅の売却を考えうちに、それが資産であるという側面を強く意識するようになります。

 日本では中古住宅そのものが好まれていません。
 まして二世帯住宅は汎用性を欠いた間取りですから、マーケットそのものが小さい。

 正反対なのは米国市場です。 
 中古物件を中心に市場が形成され、住宅流通量の82%が中古住宅です。
 
 つまり中古住宅はその潜在的価値に比べて不当な評価、扱いを受けているのが現状です。
 とは言っても、マーケットに立ち向かっても勝ち目はありません。
 個人で左右できないのが環境ですから、受け入れるしかありません。
 
 どう処分しようか思案するうちに、資産として持ち家を捉えるなら、それを活かす方法、活用法を自家使用だけではなくもっと広げないといけない。
 そう考えるようになりました。

 ところで日本においては家計の資産形成手段の第一は、持ち家です。
 60歳以上の高齢者世帯の資産の中身を見れば、持ち家(宅地+住宅)が1/2強です。
 そのうちおよそ預貯金が1/4ですから、持ち家という形で、土地・住宅等の実物資産を過半所有しているのが実態です。
 
 つまり持ち家資産が大半を占めますから、これをどう活用するかが肝になります。
 自家使用だけに限定していては、資産としての価値を生かせないと考えるようになりました。
   
 二世帯住宅というのは、三世代にわたってこうした家計資産の構成、構造を制約(左右する)します。
 
 老夫婦世帯には過大で無駄が多く、負担(身体的、金銭的にも)となっています。
 こうした現状をまんぜんとやり過ごし、住み続けることがもっともあやうい将来を招くのだと危惧するになりました。
 実際、自分で手を下せなくなる年代が迫り、成行に任せるしかない状態に陥ることが最悪のケースだと考えるようになります。
 
 それにこれを継承する息子たちにとっても、住居利用に限定された現状のまま維持管理するのは、彼らの能力を超えるでしょう。
 
 そこで、基本的にどんな行き方がよいか、これをうまく活用するためのアイディアを練りました。
 二世帯住宅を三分割し、それぞれ別途の使用が可能な建築形態(区分所有)にリノベーションしようと。
 これによって利用法を拡張し、賃貸等変化にも対応できる柔軟な選択肢を手にすることができます。

 Ⅰ.二世帯住宅の三分割構想を実現する。
 Ⅱ.一階住居スペースを老後住居として再生し、老後拠点を築く。
 Ⅲ.二階住居スペースおよび一部道路側を事務所スペースとしてリノベーションし、新たな複数収入源として活用する。
 
 そうです。
 民泊は無理でしようが、新たな複数収入源としての道を考えたわけです。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<消費税をぶっ壊せば社会が変わる | 三保小次郎日誌 | どこへ住替えようか、二世帯住宅再生顛末記1>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |