FC2ブログ
 
中国が見えない、日本国マスメディアの偏向
2019-07-11 Thu 08:43
隣がじゃまで向こうが見えない。

異常に北朝鮮、韓国が気になるようだ。
大した問題とも思えない事がやたらニュースになる。
どうでもいい些細なことを拾い上げ、結果取り上げるニュースが膨大になるから、かえって肝心なことが薄らいで行く。

この国のマスメディアは偏向しているのである。

隣の垣根の先には中国という大山がそびえている。
南北よりも千倍も重要な国だ。
これがかすんでいる。

2010年に日本のGDPを追い抜き、あっという間に三倍に成長した。
中国は経済成長とともに、一気に世界一の不平等を実現した。
今では社会主義とは縁もゆかりもない。

マルクス・レーニン主義からマルクスの理想が抜き去られた。
残ったのはレーニン主義だ。
一党独裁以外に何も残ってはいない。

この空虚な強権国家を取り上げようとしない、空虚なマスメディアがこの国にはびこっている。
関連記事
スポンサーサイト



別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<かんぽ生命の契約問題、不適切?不正?犯罪でしょう | 三保小次郎日誌 | アパッチ会>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |