スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
新型バブルが発生している? その五
2017-06-29 Thu 07:27
 リーマンショック以降('09年以降)、中央銀行[日銀、FRB(米国連邦準備制度理事会)、ECB(欧州中央銀行)]はこぞって短期金利を限りなくゼロ近辺まで下げ、かってない量的な金融緩和政策で実質金利がマイナスになる状態を続けています。
 利潤が出なくなった資本主義の限界を示しているのですが、これを利用して一儲けしようというのも資本主義の論理にはかなっているようです。

 自分が見つけた方法論を持って、金儲けのプロセスを味わうエキサイティングな体験は本人にはたまらないでしょう。
 中央銀行バブルの歪みを利用し、論理を組み立て、金儲けにまい進する。

 ではユーフォリア(熱狂的陶酔感)を伴わない冷たい(冷静)新型バブルは、生き延びるでしょうか。

 国策による異常な低金利と家賃NOI利回りとのスプレットがある限りは。
 リーマンショックの時、トヨタすら流動資金に詰まったことは明記しておくべきでしょう。
 時代のある一定期間しか通用しない論理で、もっとも鋭く歪みに切り込んだ者=時代の寵児は、自ら発見した論理の反転によって切り返されることでしょう。

 勝ち残ることはできないでしょう。

 イメージですが、彼より5番手、6番手の伴走者は負け残ることはできます。

 バッファ(緩衝装置)を持つことです。
 たくさんのランダムなバッファを持つことです。
 生き残る者はごく少数者です。
 
 生き残ることを考えましょう。

 バッファというのは優位性のことです。
 いくつもの性質の異なるバッファを持つことです。

 私は設計者としていくつものワンルームに関わってきましたが、いまだにワンルーム空間構成一つとってもイノベーションが見られます。

 あるいは、バランスシート思考です。
 左と右の項目には、経営判断でそなえた実物資産リストがあり、金の出所が示されてあります。
 そこに記された記録(事実)と向き合うことで、自らも見落としていた重要な情報を見つけ、あらたな経営的な判断につなげることがあり得ます。

 土地の売買を数十回経験し、それぞれの土地の持つ個別性と需要者のニーズとの不可思議な邂逅をたびたび見ています。
 その個別性を生かせるかどうか、資産効率から考えればワンルームであっても、解は一つではありません。
 売り買いはほとんど運でしたが、それを見る目はすこしはマシになっていると思います。

 本業に助けられることもあります。
 複数収入源によって危機を乗り越えることもあります。

 次元分散です。
 たかだか賃貸業であっても想像力が生き残りの最後の砦であります。
 ゆめゆめ勉強会、セミナーの生半可で薄っぺらな知識で手を出すことのないように。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「日銀の発行する紙幣は民法上の債務ではない」 | 三保小次郎日誌 | 新型バブルが発生している? その四>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。