グローバリズム(G)とナショナリズム(N)の断層のような箇所
2017-05-23 Tue 14:38
 ヒースロー空港は乗り継ぎで立ち寄っただけであったが、ベルトを外し金属探知機をくぐる。
 反応があると全身くまなくボディーチェックをうける。
 X線でNGとなったバックは開けさせられ、内容物を探知機で一々チェックされる徹底ぶりであった。

 そこは、グローバリズム(G)とナショナリズム(N)の断層のような箇所で、GからNへ行くには、橋をわたるため設けられた現代的関所を通らなければならない。

 二十二日スペインから帰国したが、英マンチェスターのコンサート会場で爆発テロのニュースが流れていた。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<バルセロナのテラスからみたヒマラヤ山脈? | 三保小次郎日誌 | 晩春、旅装整う>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |