射精の相手を誤った筒井康隆の勃起力
2017-05-02 Tue 08:06
 がっかりした。

 そう書いてみたが、自分の気持を表せているとは思えなかった。

 筒井は毒をはいたつもりかもしれないが、汚らしい。
 彼は、長嶺大使がまた韓国へ行くのは「慰安婦像を容認にしたことになってしまう」と書いたが、ぼくには「容認」という言葉が気になっていたのだった。
 役人用語だ。

“法律で、他人の行為をとめるべき立場にある者が、これを知りながらそのまま認めることをいう。
(『精選版 日本国語大辞典』から)”

 韓国へ出戻りしたのは大使だ。
 問題は容認したと同等の行為をした日本政府にある。
 であれば「射精し、ザーメンまみれに」すべきは長嶺大使であり、それを任命した岸田外務大臣であり、何より安倍総理大臣の面にぶっかけなければならない。

長嶺大使

 ぼくは役人ではないから、「容認」する資格もないが、一国民として慰安婦像を立てるのはやめてほしいと思っている。
 いつまでも過ちをとがめられるのにいらだつ。
 いささかうんざりもしている。

 そうであっても、銅か何かでできている慰安婦像と同等に、女性をモノとして観ていなければ吐けないTweetだ。
 
 一部は的を射ている。
 旧大日本帝国軍人の射精問題だからだ。
 そこをパロって欲しかった。

 荒んだ気持だけしか伝わってこない。
 パロディーにも毒にもなってない。
 それがざらっとした嫌な感触につながっていた。

 ぼくも六十九の老人だ。
 彼の年代の勃起力がどれほどのものか想像はつく。
 八十二になる老人がチンチンを振り立てて、慰安婦像をザーメンまみれにする狂態が可能ならぼくも見てみたい。

 「皆」のなかには本人も含まれているのだろうが、できないことを言い立てるのははずかしいことだと思う。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<初学者にやさしい戸栗美術館には学びのツールが一杯 | 三保小次郎日誌 | 縦にひろがる花畑、都市型住宅パティオの手法>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |