スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
不都合な現実、朝鮮半島情勢と政権交替勢力の衰退
2017-04-04 Tue 09:23
 森本学園をめぐるスキャンダルもそこそこに自民党の支持率は高止まりを続けています。

 支持率を追う・日経世論調査アーカイブは、「安倍内閣は「森友学園」問題を巡る証人喚問後も62%と高水準を維持した。」と伝えています。

 誰が自民党を支えているでしょうね。

「誰が」と問うよりも、「何が」と置き換えたほうがすっきりします。

 二つ考えてみます。
 
 一つは、政権交替を任せるに足る信頼できる野党がないことです。

 もう一つは、朝鮮半島情勢です。
 これは南の慰安婦問題と、北朝鮮の核攻撃能力の現実化に分解できそうです。
 いずれものど元に引っかかったトゲのように苛立がつのるのを感じます。

 こうしたなか安倍政権は、敵のミサイル基地を攻撃する「敵基地攻撃能力」保有の検討をいち早く提言しています。

 敵基地攻撃能力の保有検討を 自民が首相に提言

 偶発であれ意図的であれ、北の核ミサイルがニュー広島・長崎を引き起こしかねないと感じるのは素直な感情でしょう。

 実に時期を得た巧妙な進め方で、籠池氏のようなオールド保守とは違って、この政権の現実対応能力の高さを示しています。

 いいえ、筆者はそうした国民感情を逆手に取って、共謀罪の成立等に突き進む安倍政権に恐れを感じているのです。

 ですから、高止まりする支持率がこの国を危うくする推進力になっていることを危惧いたします。

 政権に危険な匂いを感じながら、朝鮮情勢の悪化でうまれた「国民」感情が、この国をニュー軍国主義へ導くのを見たくはないのです。

 手も足も出ないまま、筆者のハートはねじれ、アンビバレンスな感情に引き裂かれ、この弱小ブログで警鐘を続けるのが精一杯なのです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<隠ぺい国会、「パソコンデータは自動消去システムで消去され、復元できない」 | 三保小次郎日誌 | 異次元緩和から満四年、今もってなぜデフレが悪か分からない>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。