政治においては善人こそ悪人だー「安倍」昭恵論ー
2017-03-25 Sat 07:33
 籠池氏はうさん臭い男だ。

 が、証人喚問の彼を見て感じた事はマスメディアで槍玉に挙がった「大ウソつきの詐欺師」像とはずいぶん違って見えた。

 ディテールがしっかりしていて話がおもしろい。
 虚言癖も見えるが、話がおもしろいから、チャーミングにみえる。

 証人喚問されていながら、堂々としているのだから腹も座っている。

 ぼくなどには詐欺師と一言で括れない、憎めない男に映った。

 妄想家なんだろう、なんともあからさまで品は良くないが、小学校設立のハシゴを外され、腹の底から噴出する情念が沸々とわいて見えた。

 証人喚問後、外国特派員協会の記者会見の彼にはユーモアがのこされてあって、借財17、8億円を背負い、刑事罰が待ち受けているにもかかわらず、時の安倍政権と真っ正面からぶつかって動じないのである。

 昭恵さんはいかにも善人だ。開けっぴろげで育ちの良さが伝わる。
 
 だから問題なのだ。

 自分の行動が良いことか、悪いことかが問題なのは昭恵さんの個人的世界での規範だ。

 彼女は「安倍」昭恵だ。

 国有地の払い下げ、小学校設立許可という政治的意志、行政的判断は正しく行われなければならない。

 良い事か、悪いことかではない。

 安倍昭恵は善人であるから、正しい事を損なった可能性が高い。

 ぼくにはそう見える。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<忖度(そんたく)を図解する | 三保小次郎日誌 | 堕落のきわみ、安倍王朝の忖度(そんたく)政治>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |