籠の中の窮鼠猫を噛む
2017-03-24 Fri 00:25
 私人を偽証罪をとえる証人喚問で呼びつけ、公務員(公人)は参考人招致だそうです。

 日本国は安倍政権のもとで北朝鮮や中国のような独裁国家に成り下がった絶望的な状況に陥っている事に、与党議員、政権の提灯を持つマスメディアはお気づきになっていないようです。

 恐ろしい国になったものです。

 この国の公人(公務員、与党議員)がみんな安倍晋三という大トラの顔色をうかがっているのですから不気味な国です。

 籠池氏を「大ウソつき」「詐欺師」「ペテン師」と糾弾すればするほど、そんなあやしい人物に国有地を払い下げ、小学校の設立許可を与えた内閣総理大臣昭恵夫人の軽率な振る舞いとそれを「忖度」した行政への不信は増大するばかりです。

 独裁者安倍の末路が見られるのか、猫をひと噛みした鼠をひねりつぶすのか、忖度政治の根幹がいよいよ問われてきます。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<堕落のきわみ、安倍王朝の忖度(そんたく)政治 | 三保小次郎日誌 | 日本国民の民度をバカにした共謀罪>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |