スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
大バブルに小バブル
2017-03-08 Wed 14:57
日刊ゲンダイ〈3月8日付〉にパチンコチェーン社長の話がのっていて、彼がこんなことを言っている。
「パチンコ業界が成長したのは、むしろバブルが崩壊した後なんです。1987年、マーケット規模は10兆円でした。それが10年後には30兆円と、3倍になっている。」 
こいつはすごいと思ったね。
彼は年商一千億の社長だからすごい訳だけど、そこに関心したわけじゃない。

バブルでいい思いした人も、散々だった人も、全く無関係に生きてきた人もいるわけだけど、ぼくはまあまあいい思いをした口だったから、はじけてからは人並みに苦労した。
17万円の返済に追い立てられた。
月に5百万、12ヶ月で6千万だから、365日で割ると一日当り17万円返済していたことになる。

計算すればそうなる。
今年で第38期をむかえる自分の会社の20年ほど前の決算書をみれば、数秒で計算できる。

日掛で17万円は厳しい数字だし、今となっては信じられない思いもあるが、それは単に事実にすぎない。
2002年頃にはほとんど返済も終わって目処もついていたけど、少しは残っていて、全くのゼロ、つまり完済したのは2006年だった。

つまり、バブルがダメになって自分も痛めつけられていた頃、パチンコ業界はバブルになった。
そういう認識がなかったから関心した。
バブルは続いていた。
大きなバブルは崩壊したんだけど、ぼくのやらないパチンコとその業界がバブルだった。

年30兆円はすごい。
それで少し調べてみた。
JRAの年間馬券売上高のピークが1997年で4兆円を超えた。
パチンコバブルのピークといっしょだった。

株とかは得意ではなかったから、ぼくのバブルはもっぱら土地だった。
こんな漢字知らないだろうな。
一攫千金(いっかくせんきん)。
才覚があってそうなったではなくて、そういう時代にめぐりあって、そうなった。

そうゆうふつふつとわき上がる欲望みたいなものがまだ続いていたんだと、思った。
パチンコをしないからそれがどれほどか分からないけど、一攫千金を追い求めるバブルの世界が途切れず続いていた事実に驚いた。
ぼくはパチンコで当てて、あるいは馬券をとってどうなる数字でもないし、実際それどころではなかったから、バブルが形を変え生き抜いていたことに関心した。

で、今はどうなのか。

誰か教えてほしいな。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<伊豆出張、放置自動車顛末記 | 三保小次郎日誌 | 点から面へ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。