点から面へ
2017-01-18 Wed 08:01
ある日点が面を埋め、広がりというか展開を見せていることに気づいた。
まったく別々に読んでいたはずの本が、芋づるのように新たな読書を引き寄せ、それらが一つながりに結ばれているように感じた。
一つをたぐり寄せるうちに、そのツルの先に新たなイモが現れてくる。

それは地表に隠された地下茎のようなもので、これらをマンダラノートに記してみると、別表のような展開になった。

今度は暗中模索より少しはマシなようだ。

マンダラ・ノートを手引きにイスラームをより深く研究して見たいと思っている。

イスラーム研究マンダラ
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<大バブルに小バブル | 三保小次郎日誌 | 「ヘリコプターマネー」狂想曲>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |