母の遺品
2016-05-21 Sat 10:03
母の遺品を片づけている。
大部分は廃棄することになるだろうことは分かっている。
それでも一つひとつ目をとおさなければ捨てることはできない。

数週間かかるだろう。

写真は新聞チラシを使い作ったゴミ入れだ。
母がこんなものを作っていることなど知るよしもない。
知っているようで知らないのだ。

母の遺品1

母は、平成21年11月11日脳梗塞で南町田病院へ搬送された。
発見したのは階上に同居する長男、私であった。
5月6日永眠した。

その間、七沢リハビリテーション病院脳血管センターから介護老人ホームで六年二ヶ月を過ごした。

倒れる前々日まで記されたい一行日記が出てきた。
母のことを何も知らなかった。
取り返しのつかない思いが吹き出す。

母の遺品2
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<エスタブリッシュメントにたいする「反乱」がはじまったー英国EU離脱ー | 三保小次郎日誌 | 掛け時計の存在感>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |