それって究極のデフレでしょう?
2016-04-13 Wed 08:38
アベノミクスに対する明快なダメ出しだ。
ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長が日本経済新聞の取材に語った。(日経新聞 2016/4/13付)

「値上げした商品が評価されなかった。市場は非常にシビアで、そこで値上げしてしまったことがよくなかった。僕らが考えているよりも消費者の状況はもっと悪い」

つかの間、日本経済は黒田マジックに酔った。
2013年4月4日、「量的・質的金融緩和」で将来の期待に期待したマインド・コントロールはネタバレの手品に終わった。
わずか三年でデフレ・マインドに舞い戻った。

そして、マイナス金利。
国債の利回り(新発10年物)がゼロ%割れし、マイナスになった。
いずれ現金、預金にディスカウントの値札がつくだろうとおびえている。

それって究極のデフレでしょう?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<潜在成長力0.2%の国の株買い総動員令 | 三保小次郎日誌 | 老人の仙人化阻止プラン>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |