老人の仙人化阻止プラン
2016-04-08 Fri 14:16
一日にできることは限られてある。

老年にあっては、絶対的限界として体力を意識するようになる。

三月は熊野純彦訳ハイデガー『存在と時間』と首っ引きで過ごした。
明けても暮れても、体力のギリギリまで読込んだ。
結果、他のやるべきことはすっ飛んでしまった。

四月に入り、木田 元 監訳ハイデガー『現象学の根本問題』に着手したが、予備知識が不足し、前に進めなかった。
そのため、カント『純粋理性批判』を中山 元訳全七分冊で一通り目をとおすことにした。
が、これはこれでおもしろくなった。

準備のつもりが本格的に読むことになった。

ハイデガーで充分こりていた。
体力の限界まで突っ込んだから、生活のバランスが崩れ切った。
ルーティーンを取戻すのがたいへんだったから、次の決め事を設けた。

1.日に三時間以上は『純粋理性批判』の読書に当てない。
2.おもしろい箇所があったら論文や他の著書などにも目をとおし、道草し、けっしておぼれない。
3.日課であるマーケットウォッチングもおろそかにせず、仙人化しないよう警戒する。
4.ウォーキング、ストレッチ、筋トレと身体を動かす時間を配分する。
5.先を急がない、今日を楽しむ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<それって究極のデフレでしょう? | 三保小次郎日誌 | シリア、エジプトの古代文明発祥とその脆弱性>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |