問われているのは国民の責任の取り方
2016-02-17 Wed 09:37
何が起ころうと、安倍政権の支持率は下がらない。
下がっていない。

この内閣の劣化は眼を覆うばかりになった。
「野党がだらしない、頼りにならないからだ」「選択肢が自民党以外にないじゃないか」
と理由はもっともらしいが、それを助長しているのは国民自身であることに気がついていない。

昨日、朝日テレビ・報道ステーションで古舘伊知郎が読み上げた、東京新聞(2016.02.16朝刊)の記事“「政界の常識」の不思議 責任の取り方”を転載する。

今後問われてくるのは政界の責任の取り方ではない。

国民の責任の取り方である。

*クリック拡大
責任の取り方
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<人生の華 | 三保小次郎日誌 | ブライアン・トレーシーは僕のセラピスト>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |