スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
マイナス金利という妖怪が歩きはじめた
2016-02-06 Sat 16:00
「マイナス金利ってなんねん。どいうこっちゃ」
酒と女の事しか目がないM君が、めずらしく口をはさんだものだから、みないっせいに飛びついた。
彼は関西からビル現場に来ていて、一月もしないのに常連の顔をしている。
「妖怪みたいのモンヤ」
うわずったようなにわか関西弁でSさんがそれにこたえた。
「一つの妖怪がヨーロッパを歩き回っている。あの有名な、共産党宣言の一節や。」

だれもSさんの前振りにうなずくものはいなかったが、いつもの事と受け流し、興味と酔いでパンパンになった頭のなかにそれぞれ妖怪を思い浮かべる。

「郵便貯金な、五百万預けてな、上期の利息が392円だョ。」
もってるなというのは口に出さず、てんでんに質問を投げかける。
「信用金庫じゃあきまへんか」
「同じコッチャ」
「カミキって何ですか」
「四月から九月までの利息。」
「それが妖怪とどんな関係性をお持ちになるんですか。」

「一回か二回の手数料で消えてしまうやナイカ。見えたと思ったら消えてしまう、妖怪や」
なるほど銀行利息は妖怪のようだとみんなが納得顔。
得意になって、Sさん。
「今にはじまった事じゃない。黒田が異次元緩和だとかミックスだとか大仰にいってるけれどな、1995年からずーと利息は幽霊化しとる。」
定年で楽しみがないから、毎日通帳眺めるてるとは誰もいわない。
「妖怪じゃ?」
「まあ幽霊でも妖怪でもよろしい。限りなくゼロに近づいている。微分法いえば・・・」
「ビブンは除けといて下さい。ほんまに利息なんてないようなもんですわ。」
「いずれだ」
「いずれ?」
「いずれといってもそう長い先ではないね。日銀に預けている銀行の当座、預金のようなものだが、これからは銀行が預けた分は金利をとられる。マイナスになる。」

「預金すると利息を取られる。」
「明快、明快。今は銀行と日銀のやり取りだが、いずれ下々にも及んでくるという寸法だ。」
「預金をすると利息を取られる。」
「すぐ消えてしまう利息妖怪が、化けて出る。」
「お化けですか。」
「妖怪はお化けだ。マイナスに化ける。妖怪だろ?」
得意気のSさんに心配顔のKちゃんがおそるおそるおうかがいを立てる。
「そりゃ困った。どうすりゃいいんですか。」
「金庫を買う事だ。」
「金庫?」
「俗にいうタンス預金にするしか手はない。利息取られるよりましだろう。」

金庫代と取られる利息とを比較するまで頭は回らない。
借りたら利息を付けると言われても、儲け口がとんと思いつかない酔いどれたちはやがて沈黙した。
「日本はどん詰まりに来てるんですね。」
女将がその場を納め、新しいジョッキを運ぶ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マイナス金利の原論、段階論、現状論 | 三保小次郎日誌 | 戸栗美術館と東京都庭園美術館>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。