スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
時間はすぐ腐る、今日を新鮮に保つ法
2016-01-27 Wed 07:56
個人的な規律にすぎないのですが、朝のスタートにその日一日の筋書き(narrative plots)を描いてみます。

わたくしのケースをいえば、一日のはじまりに15分ほどプランを構想し、まずは日記に箇条書き〈to-do-list〉を記します。
これをプロットとして、一日に配置していきます。
シナリオや小説と同等です。

ときには三十分、小一時間とそのことに手間ひまを掛けることをいといません。

その日の流れ(ストーリー)をつくり出します。

老年者の一日?

ひと言でいえば、他人に浸食される恐れはほとんどありません。
丸ごと、有り余っています。
ですから、とりわけ老年者の一日は腐りやすいのです。

老いの一日は短く、時間は掌のすき間からだだ漏れしていくのです。

かって仕事に専念した若き頃は、自らを人的資源に仕立て「目標管理」を徹底したものです。

会社から、あるいは一定程度社会から自由になったのですから、今や自由人であるはずです。

ところが自由が手に余るのです。
やるべきことがなくなり、フッとやりたいことに眼を転じるのですが、エンプティ〈空〉であった、ことに気付かされます。
こうしてそば打ち中年やさまよえる旅行好き老人、趣味しか「趣味」のない趣味人がはびこることになります。

老年期にあっては、会社からは支給されない「目標管理」の目標そのものを自ら設定しなければなりません。

さいわい32歳のとき組織から自営に転じ、生き延びるためにあれこれの工夫を重ね身につけた自律の習性が老年期にも多少通用するようです。
「始動訓」をいつ作り、使いはじめたか記憶をたどれませんが、およそ二十年ほど前でしようか。
今も改良をつづけています。

始動訓の表

今日の午後、わたくしは千歳船橋に行きます。
jorudan.co.jpで検索し、乗車案内から時間を手帳に棒線で落とし込みます。
世田谷美術館他数カ所をgoogleで確かめ、おおよその街歩きプランと今日メインディッシュであるジンギスカン料理の店を書き込みます。

プランどおりにすすむことはむしろマレです。
アクシデントは醍醐味です。
ストーリーがあるからこそ、その日のアクシデントはたまらない魅力を持つのです。

プランと違ったら、バーティカル時間帯に棒線をずらして記入し、そこに内容を書き込むことにしています。
実績(記録)は、老年にあっても成長を知り、それを促す動機になります。

何をやったか、何をやろうとしているか、何がやりたいかはすべて結び付いてあるのです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<元特捜弁護士編監修、甘利辞任会見 | 三保小次郎日誌 | 哲学初学者は第一歩で「実在」の文字につまずく>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。