尾崎豊の世界観、ゲスの極み乙女 川谷絵音のそれ
2016-01-11 Mon 08:31
尾崎豊「15の夜」からなにが変わったのだろう。
彼が二十六でなくなったバブル時代から、四半世紀近い時が流れた。
彼の表明する世界観、「15の夜」。



川谷絵音 (かわたにえのん)。
この二十七の男が表現する世界観、「私以外私じゃないの」。



私以外私じゃないの
当たり前だけどね
だから報われない気持ちも整理して
生きていたいの
普通でしょう
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「われわれがないのではなくてあるというなんでもない事実」 | 三保小次郎日誌 | ああセイコガニ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |