今でしょうか?
2015-11-04 Wed 10:21
キーボードが刺さらない。
「ー」と「ろ」を打ち込んでも、無反応で、表示されない。
リスタートしたら解消されたが、お化けのようで今日のスタートは感心しなかった。

たった二文字が表示されないだけで、思考がストップしたように感じた。

ましてネット空間にアクセスできなくなったら、パニックになるだろうと想像がふくらんだ。

たとえば車中の人たちだ。
目の前をほとんど見ていない。
そこにはありふれてはいるが、確実にどこか違った現実が進行している。

「前の車両は玉川学園で気分を悪くした乗客をおろし終わり今発車したところです。町田には5分遅れで到着する予定です。」

人々が見入っているのはネットだ。
目の前の現実よりもネットにあふれる情報に強く依存している。
強烈にネットに同期している。

ネットにアクセスできなくなったらどうだろう。

いかなるパニックが起こるだろう。

そう考えながら、手元の文庫を開いた。
今に刺さらなくても(アクセス)不安はない。
そこには歴史という検証によって、インテグレートされた知恵が待ち受けている。

じっと文字に目をこらせばいい。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<屋上のオペラ歌手、アチレアーレにて | 三保小次郎日誌 | 日本の銀行はゾンビ、ましてゆうちょ銀行>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |