伸び切ったゴムはいつか切れる
2015-08-29 Sat 09:01
伸び切ったゴムはいつかは縮む。
今日は弾性を保ったゴムもいつかは切れる。
伸縮をくり返すたび、劣化は徐々にはじまっている。

どこかがほころび、そこから突然に破断する。

米国FRB(連邦準備制度理事会)のQE、黒田日銀の異次元緩和、欧州中央銀行(ECB)の量的緩和。
それは縮まない、縮みにくいゴムのようなものだ。
縮もうとする下落エネルギーを消し去る魔法、金融マジック。

市場が持っている本来のボラティリティー(Volatility)を押さえこんだ。

動かない赤ちゃん、おとなしいライオン、風速〇mの台風。
手がかからない、危険じゃない、リスクゼロでめぐみは雨だけ。
そんな都合のいい世界が演出されてきた。

それでも伸び切ったゴムは切れる。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<安倍「戦後70年談話」はくちづけ 残り香 煙草のけむり | 三保小次郎日誌 | 下船できない機関投資家>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |