ISSは想像力の翼
2015-07-25 Sat 17:23
ISSの軌道をCADで作図した。
宇宙空間を航行しているというより、地球を周回し、地球の一部分のように感じた。
地球のスケール、さらにビックバンの途方もない空間時間のなかにISSを置くと、科学のスケールや水準が実感できるような気がする。

1

科学を過大に見積もってはいけない。
ISSそして科学は想像力を宇宙に向け飛翔する、かけがいのない存在でなければ意味がない。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ほったらかしって、リスクにさらしておく(エクスポージャー)ことでしょう? | 三保小次郎日誌 | 十一年前からはじまった中国ガス田開発、いまさら中国の脅威だって?>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |