ゴキブリ26から27へ
2015-06-15 Mon 13:58
彼らがどこに生息しているのか知らない。

ゴキブリの生態を知ったところで、気分が改善する訳ではないだろう。
今さら深く知ることもない。
彼らは彼らの空間時間を生き、家のなかで交わらない平行線のように存在しあえばいい。

彼らが数十頭なのか、数百頭なのか、数千頭なのか。
想像してはいけない。
僕は彼らを目撃しなければいいのだから。

ゴキブリ26

27

つまりは安息的な共存共栄が一つの家のなかで成立している訳だ。

「26」とマッジックで書いたのは、昨年のそれだ。
今年のモノと交換するために、「27」とマジックで記してある。
二箱交換する。

有効成分はホウ酸だそうだが、消費者には効果を実証的に確かめる術はない。
彼らを目撃しなくなった。
目的は達成されてある。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<山本周五郎『季節のない街』 | 三保小次郎日誌 | 壊れたテレビは直さない>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |