スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ソーシャルメディアなんていらない
2015-05-09 Sat 14:00
気づかないだけかもしれませんが、公衆電話を見かけることもなくなりました。
進歩は後戻りしません。
いつしか携帯なしには生活ができなくなっています。

iPhone4をまっ先に取り入れて三ヶ月で捨てた実績があります。

ガラケーへ退き、後戻りし今は安住しています。

Facebook、Twitter、LINE、それらソーシャルメディアは進化したコミュニケーション手段のようには見えますが、装いはともかく日本人の群れる習性を助長してるようで、いささか関わるのが面倒に思えます。
LINEでいじめ、「村八分」は笑えない現実です。
ソーシャルメディアがつくり出すコミュニティーが、現社会と比べどれだけ斬新なのか、疑念をもちます。

つながる意味が希薄であれば、つながっていることが自己目的化したソーシャルメディアは煩雑です。
いつでもつながるということが人と人とを結ぶのか、いささか疑問になってきます。
負け惜しみのようですが、数千万人、数億人とつながる必要はありません。

達成された利便性は技術のたまものですが、かえってみんな孤独になったような気がしています。

メールは今となっては手放せないツールですが、つながっていたい人とつながるための目的を果たすからです。

それらが生き残っていくツールなのか、淘汰され消えていくのか。

紙の日記をパソコン日記に移行して二十数年になります。
何かが付け加わったことは確かてす。

週明け旅に出ます。
木曜に一度帰宅し、土曜日までまた旅します。
読みかけの唐木順三『無常』とクリストフ・コッホ『意識をめぐる冒険』、それに短編小説集を一冊持っていきます。

27インチのiMacでも不自由を感じることがありますから、ノートパソコンは持っていきません。
ネット生活をゼロにし、ノートとシャープペンシルのアナログ旅です。
ゼロは新しい見方を産み出してくるかもしれないと期待しながら。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ゲーム、ゲノムそしてディストロイ | 三保小次郎日誌 | 『日本の地価が3分の1になる! 』書評>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。