スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
傘寿
2015-01-11 Sun 21:15
手描きの年賀です。
「傘寿」とありました。
私よりは年上と思っていましたが、はじめてお歳を知ることになりました。

「Yさんは当時四十五歳だったんだ。」

はつはる

Yさんとは建築の夜間部で知りあいました。
私が二十九から三十一の頃です。
三十五年前のことになります。

当時某上場会社の管理職でありながら、通学しておられました。

同年輩でS工舎の管理職の方もおられました。
二人とも理工系の大学出身ですから、文科系で劣等生の私は良く設計製図の基礎を教えてもらていました。
建築のお仕事にかわられたのかどうか、今でも分かりませんし、お聞きしたこともありません。

年賀だけが昔をつないでいるのです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<人生を真に楽しむために何をすればよいか | 三保小次郎日誌 | 土曜の朝は週間デザインから>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。