デスクトップ大掃除
2014-12-22 Mon 14:05
「2015年やりたいことの五大リスト」の専用フォルダを設けた。

デスクトップショット

パソコン上に、現在30余りの専用フォルダがある。
個々のフォルダの中は雑然というか、ゴミ箱になっているのも多い。
年末大掃除をしないと、気持ちよくスタートが切れそうにない。

作りつつ捨てる。
捨てつつ作る。

No.1〜7は定番フォルダだ。
なかに入っている一つ一つのファイルを2015年版に改訂する。
問題はNo.9以下だ。

目的、目標の明確なフォルダは力動 (dynamic)があって、秩序はおのずとできあがっていく。
手間要らずだ。
評価軸が明晰だから、めんどうなアセスメント(評価)がいらないのである。

プライオリティーの低いフォルダはどうしてもないがしろになる。
目的、目標に熱が入らないから、アセスメントしにくくなる。
判断停止状態に陥ってゴミがたまる。

一つ一つファイルを開けてもやりようがないから、フォルダ丸ごと捨てる。
ちゅうちょが残るなら保管箱に入れておいて眠らせてしまう。
視界から遠ざけないとジャマだ。

いつからだろう、書斎(物理空間)の大掃除より、パソコン・デスクトップの大掃除が大事になったのは。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<やがて貧困化する入口に立って | 三保小次郎日誌 | うなぎのとろとろ水炊き>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |