うなぎのとろとろ水炊き
2014-12-21 Sun 10:39
Mさんが卸売市場からうなぎを買ってきてくれました。
生ですが、骨抜きし、さばいた切り身です。
調理法も教授いただきました。

といっても水炊きですが。

土鍋に水とだし昆布をつけ込み、だし汁をつくり、鰻をことこと煮込みます。
正式の料理名は知りませんが、鰻のとろとろ水炊きでしょうか。
美味です、鰻は蒲焼き白焼きに限るとは狭い了見でした。

デンマークでは燻製にしたうなぎを黒パンにのせて食べるそうです。
中国、台湾にもいろいろ調理法がありそうです。
来年は台湾ひとり旅を計画していますから、八珍(やくみ)を煎じたものと生きたまま酒につけたうなぎの蒸し鍋を食べてきたい。

中国と台湾は一番旅行している国です。

台湾にはここ十年ほど行ってないので、変化を楽しみにしています。

世界の一人当たりの名目GDP(2013年)で日本は24位でした。
シンガポールははるか上位の8位、香港はすぐ下の25位ですが円安で追い抜いたことでしょう。
アジアで一番の国だと思い込んで疑いもしない井の中の日本人とならないよう、アジアの上昇気流を肌で感じてきたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<デスクトップ大掃除 | 三保小次郎日誌 | 「2015年やりたいことの五大リスト」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |