乾燥社会
2014-12-16 Tue 10:15
早朝散歩に出ると寒冷なのに咳も出ませんし、肺の中に気持ちよく空気が流れ込んできます。
集中して歩くのに適しているから朝を選択したのでしたが、ここのところは咳込み対策で薄暗いうちに家を出るようになりました。
心身ともに気持ちよいのです。

ところが家にもどると、とたんと咳き込みます。

だいぶ良くはなりましたが、一月ほど熱は出ないのに、はげしい咳にひんぱんに悩まされました。

病院に通い、様々薬を処方されましたが、症状を緩和してくれたのは龍角散とマスクでした。

どこへ出かけても建物の中は人工環境です。
電車の中も、自宅でも空調は加湿器なしでは使えません。
冬場にはいっそう特異な乾燥社会が出現していると感じるようになりました。

熱の出ない咳き込み症状は、そうした環境のなかで生身の肉体が起こしている生体反応なのかもしれません。
この間食欲はすこしも衰えていませなん。
疲労感もなく、他には何も支障がないのです。

龍角散飴をなめマスクをつけることで、口腔に湿気を循環させ、乾燥社会から自分の心身を防御していると実感するようになりました。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<「2015年やりたいことの五大リスト」 | 三保小次郎日誌 | プーチンの金融戦争ーリーマンショック再来か、米国ジャンク債市場ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |