スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
民主主義では飯は食えないか
2014-12-05 Fri 11:01
「民主主義では飯は食えない」
聞いたようなセリフがたれ流されている。
香港の金融街・官公庁街占拠運動、学生による「雨傘革命」(Umbrella Revolution)は敗北したか?



9月28日に始まった香港「雨傘革命」は、半年前の台湾「ひまわり学運」に呼応した学生運動だ。
馬英九政権の対中国政策に不満を持ち、中国との自由貿易協定に反対する学生たちが立法院をひと月あまり占拠した。



台湾を変えた。
学生運動が国をかえた。
先の統一地方選挙で最大野党の民主進歩党(民進党)が圧勝し、与党・中国国民党(国民党)は歴史的敗北をきした。

香港で中国共産党がやっている事は、いずれ台湾にも上陸する。
台湾は香港をみていた。
そして香港は台湾をみている。

民主主義は闘争によって勝ち取るものだ。
そう教えている。
彼らから学ぶ事ができる。

日本は一体どこをみているか?

日本の学生に期待する事は何一つないか?
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<片付かない机の上に | 三保小次郎日誌 | はじめての棄権>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。