はじめての棄権
2014-12-04 Thu 15:37
はじめてのお使いがあるように、はじめての棄権もあってよい。

各紙が一致して「自民は単独で300議席を超える勢い」と報道している。
なぜか胸くそが悪かった。
どこの党を勝たせたいとも思っていないのだが、ひどい世の中になると直感が訴えてくる。

生まれてはじめて棄権をしようと思った。

親友y.yにはアベノミクスが引き起こす断末魔の叫びが聞こえてくるそうだ。
「日本破綻2,020年説」は国民の後押しで前倒しになるとも。
集団心中するぐらいなら、棄権だ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<民主主義では飯は食えないか | 三保小次郎日誌 | けっきょく龍角散>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |