スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
自分の未来をとりまく未来情勢はどうかなるか
2014-11-26 Wed 15:14
初めて未来年表を描いた1991年12月20日、43歳でしたね。
数度目の改訂に手をつけています。
10年先の人生計画表に77歳と書き込みしましたが、その時生きているのか、生きながらえているだけで心身が機能しているか、分かりません。

3年後、5年後、10年後をブロットする未来年表の形式は最終版になりそうです。

未来年表の寿命は今回でつきるわけです。

自分の未来をどう設計するか。
その前に、予測というか、自分の老後を取り囲む客観的情勢を描いてみようと。
3年後、5年後、10年後の日本の時代相がどうなっているのか。

以下は三保小次郎の予測する日本の姿です。

*クリックで拡大します

時代相
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<年金グループは今日も色と欲話 | 三保小次郎日誌 | 千佐子の世界ー消えた遺産10億円と青酸連続変死容疑者ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。