スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ITと日記の親和性
2010-07-29 Thu 07:43
プランニング

ITと日記は親和性が強いと感じています。

日本語ワードプロセッサ(ワープロ)を身につけるために選んだのが日記でした。
日記を記録したフロッピーディスクが残っていますから、1987年(昭和62年)頃にキャノワードというワープロ専用機が僕のIT機器との出会いということになります

「日記なら毎日機械にスイッチを入れ、書かないといけない。」

ワープロを覚えながら日記を書く習慣も身につくのですから、一石二鳥だと意気込んではじめたのがきっかけでした。

そここうするうちに、ワープロが身についたと同時に、IT機器に抵抗感がなくなっていました。
ずいぶん大昔の出来事だったような気がします。
いまではワープロ専用機を見かけることもありません。

翌年には、NEC初の32ビットパソコン「PC-98XL2(ダブル)」を買い込みます。
当時本体価格が988,000円でした。
仕事柄、コンピュータを用いて設計をするため、CAD(キャド、英: Computer Aided Design)を導入するためでした。

わずか1年で、ワープロからCADを使うようになっていました。
分厚いマニュアルを読み込んで、A4二枚に操作法をまとめた簡便マニュアルを作り、数週間で使えるようになった思い出が残っています。

IT体験の起点が日記でした。
今でも、真っ先に立ち上げるのは日記です。
まずは、今日のプラン=一日(生活)のパーフォーマンスをあげるため徹底してプランし、準備する=にかかります。


毎回ではありませんが、必要に応じて日記の下部にペーストした次の資料を参照します。
・今週のポイント&今月のポイント
・2010年にやりたいことの五大リスト
・未来年表

今日のプランを日記に記し、一日が始動します。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<iPhone 4のある生活とない生活 | 三保小次郎日誌 | iPad、iPhone4はホームにならないー自我の起点は日記ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。