スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
空腹は脳労から
2014-10-06 Mon 17:42
空腹を感じるようになった。

小食にしたことも大きいが、それだけではなさそうだ。

腹が減るほどの運動量にはなかなか達しない。
一日飛び回っていれば腹もへるが、老人は座しての生活が基本だ。

書さいか家の回り半径数百メートル以下をぐるぐる回っている。
書さいが飽きれば、縁側に座る。
空腹になるほど夢中になって出歩かない。

たぶん省エネ・スタイルになっているのだろう。
有り余るムダを重ねるのは若さが残っているからだ。
ムダもないが躍動もない。

それでも腹が減るのは、小食をこころがけ、たぶん厳しく脳労しているから。

生産性は似合わない言葉かもしれないが、頭を使っている時間は若い頃の数十倍かもしれない。
それを書き出すときりがないが。
オークションの支払いをネットバンクで処理し、ATMまで出向く数十分の一ですむ。

図書館に行くよりはAmazon、マーケットプレイスであらかた書籍は手に入る。

マインドマップも手書きしない。
もっぱらアプリ「Buzan's iMindMap2」をつかって描く。
島のようにバラバラだった考えの断片をつなぎ、全体像が浮かんでくるとにわかにシステム化していく。

全体化したら、あいた時間に見直し手を入れていく。

急いでつきつめてもろくな結論は出ないから、この方法が一番効率的だ。

数時間新しい分野を学習し、「未来年表」「年間やりたいことの五大リスト」「月のポイント」「週間デザイン」「to-do-list」を点検するうち一日がくれてしまう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<日本海に横たわる地政学的リスク | 三保小次郎日誌 | 心地よい午後>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。