スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
にてひなる蝶の舞
2014-09-10 Wed 18:18
ランチで立ち寄ったことはあるが、箱根ラリック美術館を見学したことはなかった。
不勉強でパフュームボトル(香水瓶)で著名なガラス工芸家という認識しかなかった。

1

画像出典=箱根ラリック美術館.

brooch, Sylphide「シルフィード(風の精)」
プリカジュール (plique à jour)の技法。
目あてのプローチは、金属枠で支えられたエナメルがステンドグラスのようにあわく光を透過していた。

アメジスト、アクアマリン、トパーズを使った彼のファインジュエリー とは違った、白緑(びゃくろく)のような半透過。

2

自分のつたないコレクションにシルバー800の蝶のブローチがある。
数ヶ所にプリカジュールの手法が使われている。
勉強になったが、わすかなショックも残った。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<魯国の闘鶏、日の本の株 | 三保小次郎日誌 | 日本破綻2,020年限界説>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。