人形町のパブ
2014-08-30 Sat 19:24
昨夜は日の暮れた人形町をふらついた。

ガラスの引き戸の明かりの先、なにやらにぎわっている。
素通しの先で何組か男たちが立ち飲みしていた。
「加島酒店 清酒 大関」とかかれたブリキ看板。

おやじさんが冷蔵庫から一升瓶を引っぱりだし、コップにつぐ。

その場で清算。
「英国のパブだね」
こっちの無駄口を気にとめず、つりを出す。

袋詰のかわきものがフックにいくつもぶら下がっている。
缶詰や魚肉ソーセージも清算し自分で開ける。

レトロな酒屋だが、キャッシュ・オン・デリバリーは妙にすっきりした。

せ

ほろ酔いでもう一軒と歩きまわるが、夜目にも神社が目につく。
二つ三つと数えていたが、狐にダマされ堂々巡りかもしれない。
提灯に末広神社とあった。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『歌行燈』 | 三保小次郎日誌 | 一枚のレシート>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |