スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
Goodbye Summer
2014-08-25 Mon 15:27
セミがうるさくなる頃夏休みが終わりに近づいた。

遊びほうけていたこと。
なのに何をしたか記憶がない。
おもしろいことほど、残りかすのような感情がきざまれるだけで、後は空に散ってしまう。

終業の鐘は覚えているのに授業はさっぱり忘れてしまう小学生のように、あどけなく活きていた。

老人の夏休みは長い。

昔は木々の多いアメリカで鳴いていたが、近ごろはキャンプ前のわが家の玄関先のハナミズキにもひそんでいて、とうとつになきだす。

夏よ、さようなら。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<藤沢周平『早春』のこと | 三保小次郎日誌 | 性欲を超えてーチンギス・ハーンの教えとタイ代理出産案件ー>>
この記事のコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014-08-25 Mon 19:30 | | #[ 内容変更]
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。