スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
性欲を超えてーチンギス・ハーンの教えとタイ代理出産案件ー
2014-08-24 Sun 20:54
タイ代理母出産ニュース報道の中、男は「毎年10〜15人の子供が欲しい。100〜1000人の子供をもうけたい」と話していたそうだ。

「壮大」計画にも見えるが、さほどのことはないと思い出すことがあった。

六七年ほど前に読んだ、 ニコラス ウェイド 著・安田喜憲 監修『5万年前―このとき人類の壮大な旅が始まった』 (イースト・プレス 2007/9/1)の次の一節を思い出す。

“ペルシャのモンゴル王朝、イル汗国の宰相となった14世紀のペルシアの歴史家ラシード・アッディーンの歴史書によれば、チンギス・ハーンには500人近い妻と愛人がいた。そのうえ、部族を征服するたびに女性たちを新しい戦利品にして自分のハーレムに連れこむのが日課だったという。
(中略)
チンギスは生殖になみなみならぬ関心を寄せていた。この熱意は4人の息子たちも引き継ぎ、うちひとりは40人の息子をもうけたという。でぎるだけたくさんの父親になろうというのは、チンギスと息子たちが考えぬいた方針だったように思える。
では、チンギス・ハーンの生殖計画は実際にはどれほど成功したのだろう。タイラー・スミスらの計算では、モンゴル帝国の領土だった土地に暮らす男性のじつに8パーセントはチンギス・ハーンのY染色体を持っている。これを世界の男性人口に換算すると、約0.5パーセントを占め、人数にして1600万人にも上るのである。”(P.297〜298)

人工授精があったらチンギス・ハーンはどうしたか。
チンギス・ハーンは彼の計画を理解するだろう。
だがはたして性欲なき生殖を選択したか。

などなど考える。

性欲を超えた生殖を構想するが、思考しきれない。

ああ凡庸なり。


5万年前―このとき人類の壮大な旅が始まった5万年前―このとき人類の壮大な旅が始まった
(2007/09/01)
ニコラス ウェイド

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<Goodbye Summer | 三保小次郎日誌 | 心フーテン>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。